■スポンサードリンク■

100円ローソン約300店閉店!便利・お得な店舗がなぜ潰れる?

全国に約1100店舗で展開している「ローソン100」が約300店舗閉店する事が1月29日に発表され話題になっています!

 

100円ローソン 画像
 

今回の閉店で全体の約3割の「ローソン100」いわゆる100円ローソンが全国から300店舗も姿を消すことになります。

 

300店舗のうち、100店舗は通常の「ローソン」や医薬品を扱うドラックストアに転換するようですが、200店舗は完全閉鎖となるようです。

 

24時間営業で便利!

しかも100円前後の商品のラインナップが多くお得!

 

そんなお店なのになぜ300店舗の閉店してしまうのでしょうかね??

 

今回の発表では昨年より展開をスタートした「ローソンマート」39店舗全店の閉店も合わせて発表されていました。

 

ローソンマートにいたっては去年2月に1号店をオープンさせ、平成29年までに500店舗出店する予定でしたが、1年で撤退に。。。

 

今回はローソン100(100円ローソン)が閉店する理由について考えてみました!

■スポンサードリンク■



ライバルが増えすぎたことが閉店理由

300店舗の閉店を余儀なくされた「100円ローソン」その理由は競合(ライバル)過多の為のようです。

 

その一番のライバルが「まいばすけっと」のようでした。

 

まいばすけっと 画像

 

「まいばすけっと」は現在全国に450店舗を展開するイオン系列の小型SMスーパー。

2014年度だけで120店舗も出店した勢いのある「小型低価格店」となります。

 

低価格帯の対決でローソンが負けてしまったという事ですね。。。            

 

「100円ローソン」300店閉店に対するみなさんのコメントです

 

社員はいいけどアルバイト、パートの方々は大変だな

 

深夜にコンビニじゃ高い商品を買うのに便利だったんだけどなぁ

 

ローソンより好きなので近所の店舗は閉店しないで欲しいな。

 

近くにあるけど、そこも閉店するのかな?閉店したら、困るけど。

 

100円ローソンもデフレの象徴的な感じだったのだろうけど、消費増税や円安で何でも100円って言うのは採算が合わなくなるだろうね。

 閉店に対し残念に思っている人がたくさんいますね。

 

僕も名古屋に住んでいた時はよく100円ローソンを利用してました。

今回の閉店に対し僕も非常に残念な気持ちでいっぱいです。

 

まとめ

「低価格でモノが買える」これは消費者にとってとても喜ばしい事ですが、経営する側は薄利多売の世界で戦っていく事は非常に大変な事ですよね。

 

コンビニの平均粗利は約30%といわれていますので、100円の物が売れて30円程度。

 

しかし、仕入値以外に家賃、人件費、光熱費、リース代などを考えると、営業利益は微々たるもの。

 

低価格体店舗の末路はいかなるものなのか・・・・

 

■スポンサードリンク■



今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

★★祝!新サイトオープン★★
犬猫の「笑えて癒される」動画満載!

コメントを残す

このページの先頭へ