■スポンサードリンク■

【リアルアカウント】7話(マガジン)内容と感想※ネタバレ※

更新遅くなりました、すみません、汗

今週は2/11(水)が祝日だった為、2/10(火)にマガジン発売されていましたね!

今週号はリアルアカウントが一挙2話掲載!!

リアルアカウント 7話 新連載 マガジン 画像

今回はまずリアルアカウント7話についてアップいたします!

■スポンサードリンク■



リアルアカウント前回までのあらすじ

国民的SNS『リアルアカウント』の世界に吸い込まれた主人公ユウマ。

この世界ではあるルールが存在する。

それは「フォロワー0で即死」。

 

またリアルアカウントの世界に吸い込まれたプレイヤーのが死亡すると、そのプレイヤーのフォロワーも即死するという連鎖的な死のゲーム。

 

リアルアカウントの世界では「悪いね!ゲーム」「リア生ゲーム」など、様々な命を掛けたゲームが繰り広げられている。

なんとか、二つのゲームをクリアし生き残った二人!

 

リア生ゲームではユウマのアイディアでなんと1億円以上のお金もゲット!!

 

長い1日がようやく終わろうとしていた。

 

<向井ユウマ(主人公)>

リアルアカウント 向井ユウマ 画像

この物語の主人公。

頭が切れユニークなアイディアでゲームをクリアしていく。

 

<上条あやめ>

リアルアカウント 上条あやめ 画像

ユウマと共にリアアカの死のゲームに挑むパートナー。

ユウマと相互フォローしており、どちらか一方が死ぬと、お互いが死ぬ運命共同体。

 

<マーブル>

リアルアカウント マーブル 画像

リアルアカウントのマスコットキャラクター。

様々な死のゲームをプレイヤーさせる謎の人物。

 

<柚原ナナコ>

リアルアカウント 6話 柚原ナナコ 画像

現実世界にいるユウマの彼女。

ユウマを裏切りフォロワーを解除。

 

※過去の記事

リアルアカウント1話

リアルアカウント2話

リアルアカウント3話

リアルアカウント4話

リアルアカウント5話

リアルアカウント6話

 

リアルアカウント(マガジン)目次へ

 

『リアルアカウント』7話“一日の終わり”内容(ネタバレ)

~リア生ゲーム終了時~

『リアルアカウントリゾートシー・・・・!?』

 

マーブル「——-さて本日のゲームはここまで~~~~!

この“リゾート”は今後のみなさんの拠点です!!

さっきのゲームで稼いだお金で明日のゲーム開始まで休んだり遊んだり買い物したりして

エンジョイして下さい~~~い!!」

 

~リアルアカウントリゾートシー園内 現在~

 

ユウマとあやめはジェットコースターに乗ったり、買い物したり、食事をしたり“リアルアカウントリゾートシー”の園内で今までの死のゲームが嘘だったかのような時間を過ごしている

リアルアカウント 7話 画像1 

ユウマ「・・・・って、いやいや!! エンジョイしすぎだろ!!」

 

あやめ「なーに言ってんのよっ、お金はあんのよ、うなるほどね!」

 

リア生ゲームで獲得した約1億円はケータイ電子マネーとして使えるようだ

 

ユウマ「こんな状況でよく遊べるな!? キンチョー感なさすぎ!!

それに金だって今後のゲームで使うかもだし・・・」

 

あやめ「っさいわねぇ、男のくせにゴチャゴチャと・・・

そんなに言うならあんたはもうビタ一文も使うんじゃないわよ・・

あ♡アイス売ってる! 食べよーっと!」

 

アイスを美味しそうに食べながら自慢するあやめ

 

あやめ「あ・・あたしちょっとお手洗い行ってくる」

 

ユウマ「なんだよアイス食ってハラ冷やしたのか?」

 

あやめ「死ね!」

 

トイレに駆けていくあやめ

 

 

あやめ「~~~~っうう・・・、」

 リアルアカウント 7話 画像2

 

膝をついて涙を流す

 

なんで今頃・・ゲーム終わって緊張の糸が切れたら・・急に・・・あたし・・

今日死んじゃうところだったんだ・・・お兄ちゃんに裏切られて・・・

 

ポロポロと止めどなく流れる涙

 

あやめ「・・ば、バレてないよね向井に・・

まだメソメソしているなんて知られたら・・バカにされちゃう」

 

 

 

ユウマ「・・ったくよォ、なんだよあいつ・・・

だいたいオレの機転でクリアできてるくせになんの感謝も・・」

 

 

ピロン!

 

携帯から流れる電子音

 

携帯を覗くと、あやめ1人しかいなかったはずのフォロワーが4人に!

 リアルアカウント 7話 画像3-2

ユウマ「な・・・・!?フォロワーが!? 誰だこれ・・?」

 

女「私達よ」

 リアルアカウント 7話 画像3

 

女「初めまして・・向井ユウマ君」

 

なんかエロいお姉さんが・・・

 

男「ぬぅああ!!」

 

ゴッ!!

 

地面にひびが入る

 

山田「俺は現実世界で警察官やっていた、荒っぽい仕事だってお手のものだ」

リアルアカウント 7話 画像4

 

カシャカシャカシャ

 

36面のルービックキューブを一瞬にして揃えた男

 

灰原「オレはパズルマア・・・ま、業界じゃちょっとは有名かな

ジグソーなら1000ピース5分、クロスワードならタテのカギだけで解けるよ」

リアルアカウント 7話 画像5

 

 

・・・・!?

 

ふう

 

ユウマの耳に息を吹きかける女

 

ユウマ「あっ・・」

 

御谷「フフ、私は天才結婚詐欺師、オトした男は500人超え、心理学で博士号取得

リアアカ運営の思惑・・読み切ってみせるわ!!」

リアルアカウント 7話 画像6 

 

ユウマに抱きつく御谷

 

ユウマ「だ———っ!」

 

慌てて離れるユウマ

 

ユウマ「スゲーのはわかったよ、何の用だよ!?」

 

御谷「・・単刀直入に言うわ、私達と組まない? キミが欲しいの♡

正確にはキミの頭脳とさっきのゲームで稼いだ莫大なお金が・・ね♡

見返りに私たち3人はキミをフォローする

キミの方は私達にフォローを返さなくてもいいわ!

もとより私達3人はフォローし合ってないビジネスライクな関係だしね♡

どう? 悪い話じゃないでしょ・・?」

 

 

・・・・組む・・・

 

た・・確かに今後のゲームが未知な以上フォロワーは多い方が・・・

 

それに、このすげぇ人達となら・・・

 

 

ユウマ「・・・乗った! オレの方こそ心強いよ!」

 

御谷「やったあ♡ キミがいれば全クリ確実よ♡」

 

 

全クリ・・たしかに希望がみえてきた

 

そ・・それに・・

 

御谷の胸がユウマの肘にあたる

 

ユウマ「・・あ! あのさ! オレのフォロワーの女の子ももうすぐ戻るから紹介して—-」

 

御谷「なに言ってんのよ———

私たちが欲しいのはあなただけ「上条あやめ」のフォローは・・外してもうらうわ」

 

ユウマ「え・・・・、ちょ・・ちょい待ち!

あいつのフォロワー今オレ一人なんだ、そんなことしたら・・死んじま・・・」

 

御谷「今死ぬか、後で死ぬかの違いよ!

彼女はお荷物よ・・・これまでもユウマ君の足を引っぱってるだけ

今後のゲームで確実に死ぬわ・・間違いない

あの女が死ねば相互フォローしてるユウマ君も死んで・・・

さらには私達も・・・巻き添え死の連鎖・・これは絶対に避けたい!」

 

 

・・・・っ

 

 

「わたしにフォロワー一人でも増えたら、あんたのフォロー、ソッコー外すからね」

 

あやめのセリフが思い出された

 

 

御谷「迷う事はないわ、達は全員がプロフェッショナル!

あの女とは出会ってまだ数時間でしょ・・・?

私だったら・・あの女よりキミをよろこばせてあげられると思うけど・・?ふふふ・・・♡」

 

 

・・・・・

 

 

ユウマ「わかった、あやめちゃんのフォロー・・外すよ」

 

 

物陰からら4人のやり取りに聞き耳を立てていたあやめ・・・

した唇を噛みながら俯いている

 

 

 

御谷「英断ね♡ ほら早く♡ あのコが戻ってくる前に——–」

 

ユウマ「ああ・・あんた達も一緒に外そう」

 

 

御谷「・・・・? 私達・・・も?」

 

ユウマ「ああ・・・3人とも今から自分のフォロワーをブロックしてくれ!」

 

 

!?

 

 

御谷「はあ!? 何いって・・・」

 

 

ユウマはそう言って、3人をフォローした

 

 

ユウマ「ほら・・これでフォロワー0で死ぬことはない

一蓮托生の仲間になるんだろ? ほら・・早くやってくれ!」

 

御谷「そ・・・そんなこと——–」

 

ユウマ「できない? じゃあ・・この話はナシだ!

大切な人とのツナガリが切れる絶望感、それを共有してるから・・

オレ達は一緒にいるんだ、あやめちゃんのフォローは絶対に外さない!

 

御谷「ぐっ・・キミ・・後悔するわよ・・絶対にね——–」

 

 

3人は去っていった

 

 

 

ユウマ「大切な人とのツナガリ・・・か・・・

・・あれ・・・やべ・・なんか・・今になって・・・」

 

ナナコを思い出し涙が溢れてきた

 

 

あやめ「あっれ~~~~なによあんた」

 

ユウマ「うお!? いつの間に」

 

あやめ「えらそーなこと言って今ごろメソメソしてんの?」

 

ユウマ「そ・・そんなんじゃ——」

 

あやめ「ほら・・・あんたのぶん!」

 

ぶっきらぼうな物言いでソフトクリームをユウマに差し出す

 リアルアカウント 7話 画像7

 

ユウマ「お・・?」

 

あやめ「向井・・絶対全クリするわよ!」

 

ユウマ「お・・おう・・?」

 

あやめ「絶対の絶対よ!!」

 

ユウマ「なんだよ、どうしたいきなり・・」

 

 『リアルアカウント』8話へつづく・・・・

 

リアルアカウント7話感想

前回、現実の世界でマーブルが大量発生し、いったいどうなる?!ってところで終ってしまったので、その後が楽しみでしたが、一切話の続きが出てきませんでしたね。

ちょっと残念でした。

 

今回は、今までのユウマの活躍を見ていた、3人組みがユウマをスカウトに!

 

しかし、それを断るユウマ!

 

大切な人とのツナガリが切れる絶望感、それを共有してるから・・

オレ達は一緒にいるんだ、あやめちゃんのフォローは絶対に外さない!

 

かっこよかったですね!!

 

あやめちゃんも、陰でそのやり取りを見ていて、ユウマに惚れたのでは?と思いました。

これからの二人の関係も楽しみですね♪

 

※過去の記事

リアルアカウント1話

リアルアカウント2話

リアルアカウント3話

リアルアカウント4話

リアルアカウント5話

リアルアカウント6話

 

リアルアカウント(マガジン)目次へ

■スポンサードリンク■



今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

★★祝!新サイトオープン★★
犬猫の「笑えて癒される」動画満載!

コメントを残す

このページの先頭へ