■スポンサードリンク■

認知症の母に苦しむハーフモデル芸能人A・Rとは誰?爆報THEフライデー

本日(2015.3.13)爆報THEフライデーで【実録!大物芸能人Aの母が“攻撃性のある認知症”に!】が放送されます!

菊容子 爆報THEフライデー

爆報THEフライデー

◇放送日:2015年3月13日

◇放送時間:19時00分~19時56分

◇放送局:TBS

◇出演:爆笑問題,田原俊彦,吉田明世アナウンサー,テリー伊藤,アンガールズ,オリエンタルラジオ,友近 他


“攻撃性のある認知症になってしまった母”に苦しむ大物芸能人Aと誰なのか?

どんなきっかけで母は認知症になってしまったのか?

どんな苦しみが大物芸能人Aを襲ったのか?

 

元祖ハーフモデルA・R

そして『爆報THEフライデー』の出演者リストから大物芸能人Aが誰なのか判明いたしました!

■スポンサードリンク■



大物芸能人Aの母が“攻撃性のある認知症”に!元祖ハーフもでるA・Rとは?

番組紹介欄に認知症になってしまった大物芸能人Aの母の様子が書いてありました。

 

・家族に暴力や暴言・・・認知症で変わってしまった母 “攻撃性を伴う認知症”患者にはある特徴があった!

・壮絶介護生活…苦しむ家族がとった驚きの行動 それは認知症の母に対して???することだった!

・元祖ハーフモデルA・Rが介護生活の現在を激白! 母親が認知症に…徘徊・無銭飲食・多額の買い物 認知症の母を守るため自宅で行うホーム???!

 

実は僕のひいおじいちゃんと、ひいおばあちゃんも認知症でした。

二人とも亡くなってしまいましたが90歳以上生きてた大好きなおじいちゃんと、おばあちゃんです。

しかし、認知症の行動に困惑することも多々ありました。。。

 

例えばご飯を食べたことを忘れて一日に5回以上食事をしたり

ふりかけとコーヒーを間違えてご飯にコーヒーをかけて食べていたり

まだ認知症にしては軽度のものだったのかもしれませんが、『爆報THEフライデー』紹介される大物芸能人A のお母さんは「暴力」や「徘徊」などもあり家族もとても大変な思いをしたのでしょうね。。。

 

気になる元祖ハーフモデルの大物芸能人A・Rは「秋川リサ」さんであることが判明!!

秋川リサ 人気芸能人A 爆報THEフライデー 本人

大切な家族が認知症になって暴力や暴言を・・・

考えただけで悲しくなりますね。

秋川リサさんは認知症になってしまったお母さんとどのようにき合い、介護をなさっていたのでしょうね?

 

元祖ハーフモデル大物芸人“秋川リサ”プロフィール

秋川リサ(あきかわ りさ)

秋川リサ 人気芸能人A 爆報THEフライデー 本人1

◇本名:伊藤リサ(重久ジェーン)

◇生年月日:1952年5月12日

◇出身:東京都渋谷区

◇身長:172cm

◇血液型:B型

◇出身校:文化学院

◇子供:二人(長男、長女)


 “元祖ハーフモデル”とありますが秋川リサさんの父はドイツ系アメリカ人です。

しかし、お母さんは結婚されておらず未婚の母として秋川リサさんを母子家庭で育てました。

 

10代から芸能活動を開始しモデル、女優、タレントとして幅広く活躍。

16才の時に『anan』のモデルとして活躍し一躍有名になりました。

秋川リサ 人気芸能人A 爆報THEフライデー anan

 

秋川リサさんには二度の結婚歴と二度の離婚歴があります。

二回目の再婚相手(元夫)は写真家でも知られている立木三郎さん。

 

女優の麻里也(伊藤麻里也)さんは立木三郎さんとの娘となります。

秋川リサ 人気芸能人A 爆報THEフライデー 娘 麻里也

麻里也さんも女優業で活躍されていますね!

代表作としては『3年B組金八先生』の生徒役。

1987年6月28日生まれなので現在27才となります。

 

ここからは秋川リサさんのお母さんが

いつから認知症になってしまったのか?

そしてどんな苦しみが秋川リサさんを襲ったのか?

をお届けします。

 

秋川リサ・認知症になった母との関わりと苦悩

秋川リサさんはエッセイ『母の日記(NOVA出版)』を執筆し、認知症となった母との関わりや苦悩を綴っています。

秋川リサ 人気芸能人A 爆報THEフライデー 母との日記 

秋川リサさんは15才でモデルデビューして未婚の母の為、家族の為に芸能活動を頑張った苦労人。

現在は芸能活動以外にも2001年に「ビーズアート教室」を開設しビーズ作家としても活躍しています。

 

ご自身も離婚していますので、長男、長女を女手一つで育て上げご自身も現役でバリバリ仕事をこなしています。

 

<秋川リサさんのお母さんの認知症はいつごろ発症したのか?>

そんな家族想いの秋川リサさんのお母さんが認知症を発症したのは2010年の1月

要介護1と判定されました。

その半年後には要介護3に進行しており、2012年には要介護4に進行。

現在は埼玉県の特養老後ホームに入居されているようです。

 

2度の結婚と離婚を経験し、シングルマザーして長男、長女を育て上げ「やっと自分の人生を楽しむ時期がきた」と考えていた矢先にお母さんの認知症が発症してしまったそうです。

 

<認知症となった母との関わりと苦悩>

初めに現れた認知症の症状は「無銭飲食」「家の中での粗相」「徘徊」のだったそうです。

「徘徊」は日を追うごとにエスカレートし17時間も自宅に帰らなかった事もあり、何度も警察のお世話になったそうです。

深夜に家を飛び出す事もしばしば、、、

心配で眠れない日が続いていたとも話されていました。

 

トイレに行くまでの粗相も多く、家の中はアルコールと汚物の匂いが立ち込め「家に帰りたくない」と考えてしまう日もあったそうです。

 

どんどんエスカレートしていく母の認知症。。。

秋川リサさんがお母さんに預けた数千万円の貯金を通販などで使いはたしてしまった事もあったようです。

 

「何をするかわからない」母の状態に苛立ち戸惑い、殺意を感じることもあったと話されていました。

 

<2011年に見つかった母の日記>

そんな介護生活に苦悩する秋川リサさんでしたが、さらなる苦しみが。。。

介護認定から1年後のある日、偶然母の日記を発見したのです。

 

内容は

「娘なんて産まなければよかった」

「面倒見てるからって偉そうに」

 

7冊もの量の大学ノートに30年にわたり娘である秋川リサさんの悪口が日記には記載されていたのです。

 

未婚の母がスナックを潰し、15才とい若さで家族の為にモデルを始め一家を支えてきたのに、、、、そこには感謝の言葉ではなく悪口暴言ばかり書かれていたのです。

 

その時の秋川リサさんの気持ちを考えるととてもとても気のどくに思えます。。。

 

<日記を読んだ秋川リサさんの考えと行動>

僕が秋川リサさんだったら、介護をすることが馬鹿らしく感じて母に強く当たってしまうかもしれません。

しかし、日記を読んだ秋川リサさんは

読んでよかったと思っている。だって、不平不満を抱えて生きる方がつらい。私にはこう生き方はしないと思えたから」と話されていました。

 

親がまだ健在のうちに、家族で腹を割って今後のことを話し合った方がいい」という気づきも得、「老後をどう生きていくか」「認知症になったら」「自分が死んだ後は」という心の整理もつき、子供たちにも伝えたそうです。

 

お母さんを恨むのではなく、自分も将来同じ不安があることを理解し、愛する子供たちにもし認知症になったらどうしてもらいたいかを伝えたのですね。

 

物事には必ず二面性があります。

一般的に「悪い」方面に考えてしまう出来事に対し「良い」面に目を向け行動された秋川リサさんの考えや行動はとても素晴らしいと感じました。

 

<認知症のお母さんの現在>

現在、秋川リサさんのお母さんは3年前より埼玉県の特別養護老人ホームに入居されています。

お母さんは、秋川さんやお孫さん顔を見ても誰なのかわからない状態になっており「どなた?」といつも笑顔で秋川さん達に接しているそうです。

認知症も要介護4となり、大切な家族も思い出せないのは悲しい事実ですが「男で苦労した人生を忘れた今は幸せかもしれません」語ると共に「やっと母の終りの棲家が見つかった」と安堵していると話されていました。

 

まとめ

現在秋川リサさんは自分が苦しんだ介護経験からエッセイを出版するだけでなく、介護をテーマとした講演会も開かれているそうです。

秋川リサ 人気芸能人A 爆報THEフライデー 本人2

 <ビーズ教室での秋川リサさん>

 

秋川リサさんの前向きな考え、行動に僕自身たくさんの気づきを得ることができました。

僕の人生のテーマとして掲げている事業も「認知症」や「介護」に繋がり深いので、もっともっと「後期高齢化社会」の現実とこれからについて考えていかなければならないと感じさせられました。

 

今夜の『爆報THEフライデー』ではご本人が出演し実際の介護の苦労や気づきのお話しをされるようです!

僕も番組を拝見し今後の見識を深めていきたいと思います!

■スポンサードリンク■



今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

★★祝!新サイトオープン★★
犬猫の「笑えて癒される」動画満載!

コメントを残す

このページの先頭へ