■スポンサードリンク■

【最高級ローストビーフ】年収2000万以上限定!貧乏人お断り!

こんにちはスズミチです!

もうすぐクリスマスですね~。

街もイルミネーションで色とりどり♪

あちこちでクリスマスソングも聞こえます♪

 〈ジングルベルを歌う犬〉

とても器用なワンちゃん達ですね!!

 

クリスマスと言えば『クリスマスケーキ』や『七面鳥』など料理を楽しむ方も多いかと思います。

クリスマス料理の中でも定番の一つ【ローストビーフ】について面白い記事を見つけました。

 

■スポンサードリンク■



【貧乏人お断り】熊本のレストランが「年収2000万円以上向け」のローストビーフを発売!

ローストビーフ 貧乏人お断り 画像

『ローストビーフ』といえば、伝統的なイギリス料理のひとつで、日本でも高級な料理として知られている。最近はスーパーでも売っているが、やはりレストランで食べるローストビーフのウマさは格が違う。

そんなややセレブの食べ物であるローストビーフだが、熊本のレストラン「KAWAZOE」が、“日本一高いローストビーフ”を発売開始。なんと年収2000万円以上向けのローストビーフなため、貧乏人はサイトの閲覧も利用も禁止と書かれている。

・貧乏人お断りの理由
もちろん私(筆者)の年収は2000万円に達している……ワケがないので、本当はサイトの閲覧をしてはいけないが、こっそり薄目で閲覧してみると、しっかりと “なぜ貧乏人お断りなのか” についても記載されていた。

気になる “貧乏人お断りの理由” とは……「化学調味料や添加物等で、舌の感覚が麻痺している」、「値段だけでしか物の価値をはかれず、作り手の情熱を軽視する」、「検討違いなクレームを言ってきそう」ということらしい。

年収が2000万じゃなくても、そんぐらい分かるわ! 偏見じゃい!! ──と突っ込みたかったが、もしかすると年収2000万円を超えた人たちは、年収1999万円以下の人とは “大きな差” があるのかもしれない。

・値段なりの価値はたぶんある
ちなみにローストビーフに使用する素材は熊本県阿蘇産の「赤うし」で、最近は黒毛和牛より値段が高いこともある超高級品。それに加えて完全無添加、24時間の手間をかけて調理しているとのことで、2kgで9万9360円(税込)の価値は確かにありそうである。

店主もマイケル・ジャクソンやブラッド・ピット、松井秀樹などのセレブな面々に料理をふるまったことがあるらしいので、かなりの実力派だと思われるし、料理の腕は確かなようだ。うーん、低所得者だけど、ぜひ食べてみたい……。

・普段利用している人から反感を買わないか心配
気 になったので KAWAZOE のほかのメニューを見てみると、あか牛のステーキ150gが2900円、ランチは1000円からと、一般的な収入でも利用できそうなお店だった。ええ、コ レなら自分でも行けるじゃん! 普段利用している一般人から反感を買われないか心配だ。

以前にも不動産業などで “低収入の人お断り” のような広告を見かけることがあったが、レストランで同様の広告を出したら、クレームが殺到しないのだろうか……?

引用元:ロケットニュース24 http://rocketnews24.com/2014/12/11/520944/


 年収2000万以上じゃないと食べれないローストビーフ、、、食べてみたい!!

僕はいつになったらこのローストビーフを食べれるのか、、、

気になって「KAWAZOE」のホームページを見てみました。

えっ、普通に買える?!

HPを調べたところ不普通にネット通販で注文できるようですね。

KAWAZOEホームページ

特にホームページに「年収2000万円以上お断り」という言葉は見つかりませんでした。

お店では食べれないということですかね???

◎2kg:99,360円

◎1kg:56,160円

◎500gm:33,480円

500gmなら頑張れば買えるかも!!

でも30,000円あればローストビーフ付きのディナーコースがあるレストランで普通に食事できちゃいますね。

赤牛ってそんなに高いのですかね~???

調べてみました!

 

脂肪分が少なく和牛本来の風味豊かな”健康和牛”

赤牛 画像.jpg

〈赤牛の画像〉

お~!こんなに毛並みが赤い牛は初めて見ました!

調べてみると、、、


 赤味が多く、適度な霜降り。

和牛ならではのやわらかさ。

赤味にはうま味成分が豊富に含まれ、牛肉本来の味と香りが楽しめます。

このうま味豊かな赤味の肉汁が、ジューシーな美味しさを生みだします。

 

和牛とは、明治時代の日本に在来種に、外国種の牛を交配・品質改良を重ねた褐毛和種(あか毛和牛)、黒毛和種(黒毛和牛)、日本短角種、無角和種と、これらの交配種をさします。

和牛の中で最も多く生産されているのは黒毛和牛で、食肉の和牛全体の95%以上にのぼります。

黒毛和牛は全国で生産され、神戸ビーフ、松坂牛、近江牛などが含まれます。

黒毛和牛の最大の特徴は、脂肪交雑が多いことです。

日本人の霜降りに対する嗜好が、黒毛和牛の人気を高めたと言われます。

これに対して赤毛和牛の特徴は、脂肪交雑が適度で、うま味を豊富に含む赤味が多いこと。

健康志向や嗜好の多様化などに伴い、牛肉に対する嗜好も変化するなか、赤毛和牛には黒毛和牛と異なる、牛肉の魅力を伝える可能性が秘められています。

(参考ホームページ:全日本あか毛和牛協会


 普通の和牛と比べると赤味が多いようですね~!

これにより、和牛本来のうま味が豊富のようです。

だから、脂肪が少ない肉を使うことが多いローストビーフに最適なのですね!!

最後に、、、

「年収2000万以上お断り!」これもお店のプロモーションの一環なのではないかと思います。

一つの話題が店舗の認知力を高め集客に結びつく事は飲食業界に多いようです。

KWAZOEさんの真意はわかりませんが、本当に美味しいのであればぜひ食べてみたいですね~♪

 

クリスマスの楽しみ方は人それぞれですが、美味しいローストビーフとワインをそろえてパーティーなんて素敵じゃないですか??

みなさんにとって素敵なクリスマスになることをお祈りしています☆

↓関連記事↓

クリスマスまで1ヶ月!出会いが少ない方必見?!恋人作り大作戦!

 

■スポンサードリンク■



今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

★★祝!新サイトオープン★★
犬猫の「笑えて癒される」動画満載!

コメントを残す

このページの先頭へ