■スポンサードリンク■

腸漏れ予防には腸内フローラのバランスが大切!腸内細菌についてご紹介

腸の異常が糖尿病、脳梗塞(のうこうそく)、敗血症(はいけつしょう)などの病を引き起こす原因の一つという事をご存知でしょうか?

医療の世界では腸の異常を『腸漏れ』と呼び、様々な病気に起因すると言われています。

 

今回は腸内フローラと腸内細菌についてご紹介をいたします。

 

消化の流れと腸内フローラの活動について

人は普段なにも気にせず食事をしていると思いますが私達の体は60兆個の細胞でできており、たんぱく質・脂質・ミネラル・炭水化物・核酸・水から出来ています。

体を維持するには栄養素を取り入れてそれをエネルギー源として活動しています。そこで体内へどのように栄養素を入れているかというと消化をして体内へ吸収されているわけです。

お口ら入った食べ物は栄養素として体に入っていくには消化をしなければいけません。

消化器官はお口から大腸までを消化管といい、食べ物が消化管を通るときに小さく分解されて大腸で体へ吸収されていきます。またいらないものは排泄されていきます。

 

腸内フローラ

 

このように体の中で消化、吸収、分解、代謝、排泄を繰り返しているわけですが、腸内フローラはここでいう大腸での活動になります。

腸内は回腸から大腸にかけて、およそ100種100兆個にも及ぶ腸内細菌がいるといわれており、現在では500種以上いるともいわれています。

最初に人の体は60兆個の細胞でできているとお話ししましたがそれをはるかに超えた数ということです。重さでいうと約1キロ!

その腸内細菌を顕微鏡で見てみると、同じ種類の菌が群生しまるでお花畑のように腸の壁面を覆っていることから腸内フローラ(腸内細菌叢)と呼ばれています。

 

腸内細菌って

 

腸内フローラ

 

腸内細菌は善玉菌、日和見菌、悪玉菌と3種類に分けることができます。

 

腸内細菌:善玉菌

善玉菌は代表的なのが乳酸菌であるビフィズス菌があげられます。悪玉菌の侵入を防いで腸の環境を整えてくれます。有害な物質を体外へ排出する手助けをしてくれます。

 

腸内細菌:日和見菌

日和見菌は腸内が善玉菌が多くなれば日和見菌も善玉菌に味方をしてくれますが、悪玉菌が優位になれば悪玉菌に味方をします。どちらか優位の方につきます。

 

腸内細菌:悪玉菌

悪玉菌は病原性大腸菌や腸内で有害物質を発生します。悪玉菌が増えるとお腹の調子を壊したり便秘になったり悪さをします。

 


そこで理想的な腸内フローラのバランスはといいますと、日和見菌7割、善玉菌2割、悪玉菌1割の割合になります。

 

健康でいるためには善玉菌を優位にし日和見菌を味方につける必要があります。善玉菌が優位になると免疫細胞が強くなり外敵から体を守ってくれます

腸は第二の脳と呼ばれているほど精密にできており24時間活動をしています。脳から指令を受けて動いているのではなく腸が判断をして外敵から守ったり必要な栄養素は吸収しいらないものは排泄する判断をしているのです。

しっかり腸が活動してもらうためには腸内フローラを整える必要なのです。

 

まとめ

今回は腸内フローラと腸内細菌についてご紹介をいたしました。

腸内を健康に保つためには基礎栄養素である、たんぱく質、脂質、炭水化物、無機質、ビタミン、食物繊維はもちろんお味噌など発酵食品もいいですね。しっかりとり体調を整えてあげることで腸内は整っていくと思います。

 

逆に辛いものやコンビニフード、精製された白米やパンは腸に刺激に刺激がありダメージを受けるといわれています。

腸内を健康に保ち腸内フローラのバランスを整えることが、身体全体の健康に通じるという事がみなさん伝われば幸いです。

★★祝!新サイトオープン★★
犬猫の「笑えて癒される」動画満載!

コメントを残す

このページの先頭へ