■スポンサードリンク■

”このミステリーがすごい!”AKIRA、川口春奈が登場!

インフルでダウンしてしまいました。

昨日の『ダマされた大賞』見れず寝込んでガッカリぎみのスズミチです。。。

日本エレキテル連合の爆破ドッキリが見たかったのに~

ねばーるくんのドッキリが見たかったのに~

残念です、涙

 

さて、今晩は『このミステリーがすごい!~ベストセラー作家からの挑戦状~』が放送されます!

 

このミステリーがすごい! 画像 

 

■スポンサードリンク■



このミステリーがすごい!~ベストセラー作家からの挑戦状~

このミステリーがすごい!

~ベストセラー作家からの挑戦状~

◇放送日:2014年12月29日

◇放送時間:21:00~23:09

◇放送局:TBS系列

◇MC:樹木希林、又吉直樹(ピース)


 

『このミステリーがすごい!』大賞を受賞された4人のベストセラー作家の小説を短編ドラマ化!!

年末のスペシャルに相応しい監督に出演役者を揃えた豪華4作品の放送です!

 

今回のMCは樹木希林さんと又吉直樹(ピース)さん!

「弱気なミステリー小説家」と「ベテラン女性編集者」に扮し、二人芝居を繰り広げながら番組をエスコートしていきます!

 

今回はこの番組の詳細と、個人的に注目をしているのはAKIRAさん主演の『ダイヤモンドダスト』川口春奈さん主演の『残されたセンリツ』についてお届けします☆

 

タイトル、出演者、原作、監督紹介

オムニバスドラマ化さらた4作品の出演者を含む詳細を紹介します!

『カシオペアのエンドロール』

監督:大谷健太郎

原作:海堂尊

<主演>

藤原紀香(望月ゆかり)

<出演>

川島海荷(樫村愛奈)

いしのようこ(吉川かなえ)

浜野謙太(玉村刑事)

矢吹春奈(賀茂泉)

落合萌(河村里美)

田中要次(道明寺)

吉田栄作(加納警視正)

 

『残されたセンリツ』

監督:金子修介

原作:中山七里

<主演>

川口春奈(多岐川真由)

<出演>

とよた真帆(多岐川玲)

長谷川初範(美能忠邦)

佐藤二朗(安住鷹久)

高崎翔太(佐藤)

検視官(兒玉宣勝)

イッセー尾形(河原崎雄二)

 

『黒いパンテル』

監督:星護

原作:乾緑郎

<主演>

勝村政信(須藤)

<出演>

高橋ひとみ(須藤栄子)

山本裕典(戸倉)

小池里奈(須藤千明)

柳ゆり菜(30年前の栄子)

小野 了(田辺)

陳内 将(建設会社社員)

小島祐輔(金髪の作業員)

兼原良太郎(30年前の須藤)

城田優(二ノ宮)

 

『ダイヤモンドダスト』

監督:吉澤健

原作:安生正

<主演>

AKIRA(奥脇巧)

山本耕史(明神和也)

<出演>

高橋ユウ(坂下睦美)

原田新平(安西信一)

濱田万葉(佐伯春奈)

須田理央(佐伯未来)

神保悟志(片桐吾郎)


 

短編ドラマにとどめておくのがもったいない出演者の数々ですよね!

さすが年末のスペシャルと言った顔ぶれではないでしょうか!

 

4作すべての紹介をしたいところですが、今回は僕個人的に興味が強いAKIRAさん主演の『ダイヤモンドダスト』川口春奈さん主演の『残されたセンリツ』についてお届けします☆

 

AKIRA主演『ダイヤモンドダスト』

『ダイヤモンドダスト』

AKIRA このミステリーがすごい 画像

 

 

 

 

<あらすじ>

大寒波が襲来し大雪に見舞われた首都・東京。

その夜、スポーツ用品店で働く二人の男、奥脇巧(AKIRA)と明神和也(山本耕史)は翌日に迫った新店舗の開店準備に追われ、二人だけで残業を余儀なくされていた。

夜が更けるにつれ暴風雪は増強。

都市インフラが機能停止に陥るパニックの中、準備中の新店舗内で停電に遭い、作業を中断せざるおえなくなった二人は奥脇の決断で新店舗から歩いて本社に戻ることにする。

大都会の真ん中にいるにも関わらず強烈な暴風雪が吹き荒れ、まるで雪山の中を歩くような感覚に襲われる奥脇と明神。

容赦なく襲い掛かる暴風雪の猛威の恐怖に、二人はやがて互いの秘密や欲望がむき出しになっていく。

二人は果たして無事に本社に戻れるのか?

最後に衝撃のラストが待ち受ける!


 

4作品の中であらすじを読むと特に展開が読めない作品という印象を受けました。

主演の二人はスポーツ用品店の会社員。

東京で残業をしていると、暴風雪の影響で停電。

仕事の都合、暴風雪の中を新店舗から歩いて深夜本社へ向かう。

強烈な暴風雪、まるで雪山を歩くような感覚。

この暴風雪の猛威と恐怖に二人はやがて互いの秘密や欲望がむき出しになって行く。

ミステリー作品と言うことで、普通に本社に戻れ「よかったね」で終わることはないと思うんですよね。

ミステリー=殺人

のくくりで考えてはいけないですが、秘密、欲望というキーワードが原因で大きな事件に繋がってしまうのか、、、??

また、普通に考えたらミステリーになるのか?と思わせるあらすじ、このシチュエーションでなぜワイルド系のAKIRAさんが選ばれたのかも気になるところです。

会社員が東京で遭難

ここにどんなミステリーが待ち受けているのか?

そしてAKIRAさんのキャラを活かすドラマになっているのかが注目のポイントですね!!

 

川口春奈主演『残されたセンリツ』

『残されたセンリツ』

川口春奈 このミステリーがすごい! 画像

 

 

 

 

<あらすじ>

天才女流ピアニストとして名を馳せる多岐川玲(とよた真帆)が3年ぶりにリサイタルを開いた。

生涯で最高の演奏と言わしめる玲の超絶技巧な演奏は聴衆を魅了し、リサイタルは賞賛の嵐で幕を閉じる。

ところが、絶賛の拍手が鳴り止まない会場を後にした直後、玲は控え室で謎の死を遂げる。

玲の傍らに転がっていたのは青酸カリが混入されたコーヒーの入ったボトルが一つ、、、。

現場に出入り出来たのは、長年連れ添ったマネージャーで元恋人の安住鷹久(佐藤二朗)とリサイタルの主催者で現在の恋人である美能忠邦(長谷川初範)、そして玲と同じくピアニストで玲とは不仲だった娘の多岐川真由(川口春奈)の3人だった。

捜査を担当する刑事の河原崎雄二(イッセー尾形)は彼独特の含蓄ある人間観察によって玲と3人の間に隠された意外な愛憎劇にたどり着く、、、。

ラストに残されたのは、“戦慄”の真実と、悲しく響き渡る“旋律”だった、、、。


 

『ダイヤモンドダスト』を比較すると『残されたセンリツ』はあらすじからして、ザ・ミステリーな感じがしますね!

 

まず整理すると、容疑者は3人ですね。

◇容疑者1:元恋人のマネージャー(佐藤二朗)

◇容疑者2:現恋人のリサイタル主催者(長谷川初範)

◇容疑者3:妹の多岐川真由(川口春奈)

 

”戦慄”の真実

悲しく響き渡る”旋律”

 

この2つの”センリツ”を掛け合わせた作品になっているようです!

 

普通に考えると、元恋人か、不仲だった妹が犯人になるのかな?っていう内容ですよね。

でもここは『このミステリーがすごい!』です、普通な結末になるとは考えられません!

悲しい結末と言うことで考えると、、、、

普通の殺人なのか、または自殺などを含んだ意外な結末なのか?!

ここにも注目です!

最後に、、、

今回、約2時間で4本の作品が放送されるわけですが、CMを含むと1本当たり約20分ほどではないでしょうか!

この短時間の中にどれだけの布石を打った意外がミステリーが展開されるのか楽しみです♪

今夜は眠れない夜になりそうです!!

 

このミステリーがすごい!

~ベストセラー作家からの挑戦状~

◇放送日:2014年12月29日

◇放送時間:21:00~23:09

◇放送局:TBS系列

◇MC:樹木希林、又吉直樹(ピース)

 

■スポンサードリンク■



今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

★★祝!新サイトオープン★★
犬猫の「笑えて癒される」動画満載!

コメントを残す

このページの先頭へ