■スポンサードリンク■

【リアルアカウント】2話(マガジン)内容と感想※ネタバレ※

前回新連載で大変反響を呼んでいた『リアルアカウン』の2話目が今週号のマガジンに掲載されました!

リアルアカウント 画像

今回も前回に引き続き『リアルアカウント』の内容と感想についてお伝えします♪

■スポンサードリンク■



前回までのあらすじ

5000万人が登録する国民的SNS『リアルアカウント』、高校生の主人公ユウマはこのリアルアカウントの世界に吸い込まれてしまった!

ウウマと同じように吸い込まれた10000人の人々。

そしてスタートした「フォローワー0」で即死というデスゲーム。

本人が死ぬとフォロワーも死ぬという究極の選択からユウマの最後のフォロワーである彼女のナナコまでもフォロワーを解除してしまう!!

主人公の運命はいかに!?

【リアルアカウント】1話(マガジン)内容と感想※ネタバレ※

【リアルアカウント】3話(マガジン)内容と感想※ネタバレ※ 

【リアルアカウント】4話(マガジン)内容と感想※ネタバレ※ 

【リアルアカウント】5話(マガジン)内容と感想※ネタバレ※ 

『リアルアカウント』2話 内容(ネタバレ)

~話しは彼女が解除する数秒前にさかのぼる~

 

 

残りの制限時間43秒・・・

 

フォロワー残り1人・・・

 

ナナコ:「わたし死にたくない・・・・!ごめんねユウマ」

と彼女から電話。

 

絶望するユウマ

 

ユウマ:「死んでたまるか!!」

 

会場を見渡すとフォロワー0になり次々と死亡する人たちが。

 

 

その中に泣き叫ぶ少女

少女:「うわあああーーーーんっ!! もうダメだーーっ!! お兄ちゃんのバカあーーっ!!」

 

どうやらユウマ同様、最後のフォロワーの兄に裏切られる寸前のようだ。

 

そこに駆け付けるユウマ

ユウマ:「おい・・・お、オレとひとつになってくれ!!」

 

少女:「はあ!?あんたひとつに・・・って、最後にエロい事しようとか、そーゆー・・・!?」

ユウマ:「違うわ!!話しを聞いてくれ!!」

 

 

残り制限時間10秒

 

 

ナナコ:「ユウマ・・・ごめん、ごめんね・・・私、どうしても死にたくない・・・」

 

 

残り制限時間7秒

 

 

ナナコ:「ユウマ・・・今までありがとう」

 

 

残り制限時間4秒

 

 

残り制限時間2秒

 

 

残り制限時間1秒

 

 

ナナコ:「さよなら」

解除のボタンを押すナナコ

 

[フローを解除しました]

携帯に表示された。。。。

 

 

 

 

「ビ~~~~!」

とブザーがなりタイムアップ

 

 

何人もの人々がいっせいに死亡。

 

 

マーブル:「今、生きしている皆さん、予選クリアおめでとうございます。 しかと見させていただきました・・・今、残っているフォロワーこそが”本物のキズナ”・・・・ってやつなんですね!!」

 

[ 5341人 / 10000人 ]

 

約半数が息絶えてしまった。。。

 

主人公ユウマは・・・・!?

 

 

 

 

生きていた!!!

 

ナナコがフォロワーを解除する寸前、泣き叫んでいた少女「上条あやめ」と相互フォローしていたのだ!!

 

ユウマ:「オレと同じ境遇”最後のフォロワーに抜けられようとしている奴”・・・キミとなら助け合えると思ったんだ」

 

なんとか生き残ったユウマとあやめ

 

安堵の息もほどなくマーブルが再び登場!!

 

マーブル:「さてさて皆さん、休んでいる暇はありません、それでは本戦の方へまいりましょう」

 

「なんなんだよゲームって」

「一体なにが目的だ!?」

「そうだ答えろ!!お前にはギムがある!!」

 

ざわつく会場・・・

 

マーブル:「・・・っせーな、ほえんなよクソ共が」

 

!?

 

マーブル:「おっと失礼、目的はあります・・・”ある目的”がね。 でも今はナイショ♡ 今後ゲームをクリアしていくうちに明らかになるでしょう。 そして皆さんに朗報です! 見事ゲームで”全クリ”できた人は現実の世界に戻ることができます!! では、まだまだ人数も多いのでブロックを分けましょう。 腕の番号に沿って部屋ごとにわかれてくださいな」

 

ざわめく会場のなか腕を確認するユウマ

すると[1315]の文字が

 

あやめに声をかけるユウマ

ユウマ:「な、なあ、キミは何番」

 

あやめ:「・・・お兄ちゃん・・・本当にフォローはずして・・・うう・・・あになに、あやめは可愛いねって、あんなに・・・」

泣き続けるあやめ

 

スマホを確認するとナナコもフォロワーを外している・・・

 

あやめに手を差し伸べるユウマ

あやめ:「・・・ほっといてよ、こんなの死んだ方がマシだった・・・うう・・・なんで私がこんな目に・・・ちょっと!なにす・・・!」

 

 

「パンッ!」

あやめを平手打ちするユウマ

 

ユウマ:「しっかりしてくれ、マーブルが言ってたろ、”死んだら”らそのフォロワーも道連れで死亡・・・今後、お前が死んだら、オレも死んじまうんだよ! オレとお前はもう一蓮托生なんだ、乗り越えるんだ!生きて帰って、兄キ、ブン殴ってやれよ!」

 

・・・・・

 

あやめ:「いったあああいっ!!!」

 

あやめは思い切りユウマに殴り返した!

 

あやま:「何すんのよ!女の子殴るなんてサイテー!!あ・・・あんたに言われなくてもわかってるわよ・・・絶対・・・絶対・・・絶対っ生き延びてやるんだから! あんたこそ・・・死んだら殺すわよ!!」

 

ほっぺたを抑えながら

ユウマ:「へへ、よし、その意気だ」

 

するとモニターに部屋割り振りの部屋番号が現れる

[1201~1500]

 

ユウマ:「キミ番号1345番だっけ、よかったな同じ場所で」

 

あやめ:「あー、だんだんほっぺたヒリヒリしてきた」

 

 

ユウマ:「そ、そうだオレは向井ユウマ・・高二、キミは?」

 

あやめ:「上原あやめ・・・高一」

 

ユウマ:「あやめちゃんか、あやめちゃんは吸い込まれた時、どこに?」

 

あやめ:「はあ?なんであんたにそんなこと教えなきゃいけないのよ」

 

ユウマ「な、なんでって、こんな状況なんだから少しでもお互いの事知ろうと・・・」

 

あやま:「うわっあんたそういう系?うざっ!言っとくけどあたしはあんた個人になんのキョーミもないから!」

 

ゆうま:(な、なんだ・・・このムカつく女は・・・!?)

 

 

 

マーブル6号:「はいどうも~~~この部屋を担当するマーブルの分身、マーブル6号で~~す!!」

 

現れたマーブル6号

 

一体どんなゲームが始まるのか!?

 

マーブル6号:「”画像”みなさん、自分のスマホの中にどんな画像入れてますか? リアルアカウントのコンテンツのひとつ『アルバム』では、そんな皆さんの持っている画像をリアアカ上に公開できますけど、『いいね!』ボタン見たことありませんか? 皆さん、本当に「いいね!」と思って押してますか? なんとなく付き合いで義務的に押してたり、本当は「うぜ~」と思っちゃたりしてませんか!?」

 

・・・・

 

ユウマ:(確かにっ!!)

 

 

マーブル6号:「そこで肯定する事しか許されないこんな世の中に一石投じるべく、もしも『いいね!』じゃなくて「コレ」があったらどうなるか、このゲームで検証してみたいと思います!!」

 

モニターに現れる画像

 

[悪いね!]ボタン

 

 

[悪いね!ゲーム]

 

マーブル6号:「ルールはいたってシンプル! まず一人ずつステージ立ってもらいランダムにスマホの画像がモニターに映し出されます。 あなたはその画像が「他人にどう思われるか」を予想し「いいね!」「悪いね!」のいずれかのボタンを押して頂きます。 審査員は現実の世界のみなさんです! 本人の予想ボタンと審査員の予想が一致すればクリア! もし・・・外した場合は・・・フォロワーもろとも即死亡となりますのでご注意を」

 

 

!!

 

 

どよめく会場・・・

 

マーブル6号:「ゲーム中スマホの画像は一切削除できません、それではゲームスタート!!!!!!」

 

 

スマホの画像が世界にさらされる・・・

その評価を間違えれば・・・死・・・!!

 

番号1201番の人がステージに

 

さあどんな画像が現れるのか!?

 

現れた画像はなんと本人の全裸写真が!!!!

 

女性:「きゃあああああ!!見ないで!!」

 

慌てふためく女性を気にせず

マーブル6号:「さあ現実の皆さん、投票をお願いします!!投票時間とシンキングタイムは30秒間!!その間に答えが無いとゲームオーバーになります!!」

 

女性:「ちっくしょーーー!!」

 

「バンッ!!」

女性はボタンを押した

 

モニターに映し出される投票結果・・・

 

◇いいね!→→→10807

◇悪いね!→→→2730

 

女性が押したボタンは!?

 

 

 

 

[いいね!]

 

 

マーブル6号:「ではクリアした方はあちらより先にお進み下さい」

たんたんと女性を案内

赤面しながらステージを後にする女性

 

マーブル6号:「それでは次の方」

 

ステージに現れたの高校生の男性

映し出されたのは正にリア充な制服遊園地写真!!

 

男性:「ラッキー!これは実際にリアアカで300も「いいね!」もらった写真、楽勝!!」

 

判定は・・・・・!?

 

◇いいね!→→→4537

◇悪いね!→→→9000(?)

 

 

男性が押したボタンは!?

 

[いいね!]

 

男性:「!!え?え!?友情あふれるいい写真じゃんなんで!?おい!あの300いいね!はウソだったのかよ!!なんなんだよ・・・非リア共がひがんでんじゃ」

 

 

さよなら~~~~~

 

「ズパ!!」

マーブル6号の腕の伸び男性の首を飛ばす!!!!

 

 

どよめく会場

 

 

あやめ:「ひどい・・・」

ユウマ:「ああ・・・最悪だ、でもこれでよくわかった、このゲームで大切なのは、客観的な目線・・・!」

 

マーブル6号:「さあどんどん行きましょう」

 

男性の自撮り写真

→悪いね! 正解

 

子猫4匹の写真

→いいね! 正解

 

食べ終わったプリンの空の写真

→いいね! 不正解

 

どよめく会場

 

ユウマ:(そうか、今回の場合、出てほしくないのは刺激的な画像や黒歴史写真じゃなく、むしろ「普通」のなんでもない画像、票が割れて格段に予想が難しくなる、なにか攻略法は!?)

 

スマホの画像を眺めるユウマ

 

ネットから拾った面白画像

ちょとエロい画像

友達のとの写真

彼女との写真

 

 

 

次にステージに立ったのはマガジンの編集者

 

現れた画像はなんと発売前のマガジンのネタバレ画像だった!!

 

編集者:「うおおおお!やめろ!見ないでくれ、クビになる!!」

 

盛り上がる会場

 

!!

 

ユウマ:「そ、そうか!!見つけた・・・・攻略法!!」

 

あやめ:「え・・・?あんた、何言って・・・」

 

ユウマ:「簡単なことだよ・・・なんで気付けなかったんだ・・・!それは・・・コレだよ!!」

 

スマホをあやめに見せるユウマ!!

 

 

次に続く・・・・

リアルアカウント2話感想

と、いうところで2話目が終わってしまいました。

攻略法とは???

 

前回の最後にどうやって生き延びるのかと考えていたのですが、相互フォローを会場の人として生き延びる・・・

すみません、思い浮かばなかったよ~~~、涙

 

でもよく考えれば、この方法しかなかったですよね!!

 

今回も正直攻略法、見当つきません、汗

 

ポイントをまとめると

・写真はランダムで表示される

・刺激的な写真、黒歴史写真の方が評価が分かれるので判断し易い

・普通の写真ほど票が分かれるので判断が難しい

・客観的なものの見方が必要

 

こんなところでしょうか。。。

今ある画像は消せないし、普通の写真が出てしまった場合でも白黒はっきり決められる攻略法何ですかね~???

 

う~~~ん、気になる。。。

 

リアルアカウント3話が掲載される来週まで考えたいと思います!!!

 


↓記事の続きは3話をご覧ください↓

【リアルアカウント】3話(マガジン)内容と感想※ネタバレ※ 

【リアルアカウント】4話(マガジン)内容と感想※ネタバレ※ 

【リアルアカウント】5話(マガジン)内容と感想※ネタバレ※ 

 

【リアルアカウント】1話(マガジン)内容と感想※ネタバレ※

 

■スポンサードリンク■



今回も最後までお読み頂きありがとうございます!
もしこの記事が気に入って頂けましたなら、ツイッターやFacebookでシェアお願いいたします。とても励みになりますm(_ _)m

★★祝!新サイトオープン★★
犬猫の「笑えて癒される」動画満載!

コメントを残す

このページの先頭へ