■スポンサードリンク■

【リアルアカウント】3話(マガジン)内容と感想※ネタバレ※

今週のジャンプは前号が合併号につき発売されてませんでしたね・・

 

マガジンは8号発売されてました!!

 

さて今回は『リアルアカウント』3話目についてです☆

リアルアカウント 画像

大反響の『リアルアカウント』3話目

主人公ユウマ、そして運命共同体のあやめは生き残る事ができるのか!?

 

■スポンサードリンク


前回までのあらすじ

国民的SNSの世界に吸い込まれたユウマ。

フォロワー0で即死というデスゲーム。

なんとか相互フォローで生き残ったユウマとあやめだったが、予想と正解を間違えると即死するという「悪いね!ゲーム」がスタートした。

次々と死んでいく人々。

ユウマとあやめは生き残る事ができるのか!?

<向井ユウマ(主人公)>

リアルアカウント 向井ユウマ 画像

 

<上条あやめ>

リアルアカウント 上条あやめ 画像

 

<マーブル>

リアルアカウント マーブル 画像

 

※過去の記事

リアルアカウント1話

リアルアカウント2話

 

■スポンサードリンク


 

『リアルアカウント』3話 内容(ネタバレ)

あやめ「こ・・・攻略法・・・!?」

 

ユウマ「ああ! スマホの中からランダムに一枚選ばれる画像・・

その評価を予想する・・・「悪いね!ゲーム」—–

 

リアルアカウント 悪いね!ゲーム 画像

 

この“攻略法”を使えば・・・

クリアに限りなく近づく事ができるハス・・・

その方法とは・・・これだあっ!!!!!」

 

リアルアカウント 変顔 ユウマ

 

!?

 

 

変顔をした自分をスマホで自撮りするユウマ

 

一枚、二枚、三枚・・・と写真を何枚も撮っている

 

 

あやめ「マジメにやれーっ!!!!!」

 

 

自撮りするユウマをどなるあやめ

 

ユウマ「ええっ!? いや・・・待ってくれ、こちとら大マジメなんだから!?」

 

あやめ「どこがよ!? バカな自撮り写真、撮りまくってるだけじゃないの!」

 

ユウマ「ほ・・・ほら、あやめちゃん、自分で言ってんじゃねーか

「バカな自撮り写真」・・・それって「悪いね!」・・ってことだろう?」

 

 

!!

 

 

ユウマ「つまり、こういうことだよ・・・「ゲーム中はスマホ内の画像は削除できない」

・・・そうマーブルは言ってたけど、新しく保存する事はできるんだ!

ゲームで本気で選ばれたくないのは・・評価予想が困難な「普通の写真」・・・

だったら・・画像フォルダの中身を「予想しやすい写真」でいっぱいにすればいい!!」

 

あやめ「あ・・!」

 

ユウマ「これまでの傾向を見れば・・「男の単体写真」はほぼ「悪いね!」だ

みんな・・オレを撮ってくれ!!」

 

 

ざわめく会場

 

 

ユウマにスマホを向けるたくさんの人

 

 

・・・・

 

その光景を見つめ不敵に笑う人物

 

マーブル「フフフ・・・ウフフフ・・・♡」

 

 

 

 

 

マーブル「ではっ、次の方~~~!!」

 

 

観衆「おおっ!! また出た! あの少年の写真! これで5人目だぜ!!」

 

巨大モニターに両手でピースするユウマの写真が映し出される

 

男「へへ・・、もちろん「悪いね!」だ」

 

マーブル「正解~~~~!!」

 

観衆「おおおお!!!」

 

 

ユウマ「いける・・・、やっぱりこれが攻略法・・!!

100パー勝てるわけじゃないけど・・“後撮り”をくり返せば勝率は上がっていくはず!」

 

勝気のユウマ

 

ユウマ「ほら・・キミも撮れよオレを!」

 

あやめ「あんたの顔で画像フォルダいっぱいなんてごめんよ

マーブル撮ってんのよ」

 

 

ざわ

 

!!

 

巨大モニターに工事現場の警備員型人形が映し出される

 

 

ユウマ(外れたか・・・しかもあれは・・予想が難しい「普通の画像」・・・)

 

 

男「くっ・・あんであんなの撮ったんだ・・・」

 

バン

 

男「「いいね!」だ!!」

 

男は覚悟をきめ勢いよく「いいね!」のボタンを押した!

 

 

 

◇いいね! 1215

◇悪いね! 1037

 

 

観衆「おおおおおお!ファインプレー!!」

 

 

マーブル「残念~~~!!」

 

 

マーブルの腕が伸びていき容赦なく男の首を飛ばす!!

 

 

!?

 

 

観衆「はあっ・・・!?」

 

 

ざわざわざわ

 

「おい待て待てコラァ、いま正解してらだろ」

 

「攻略法見つけられたからってムチャやってんじゃねええ!!」

 

「どういうこった説明しろ!!」

 

 

飛び交う罵声に対しマーブル

 

 

マーブル「はい、では次の方~~~!!」

 

よくわからないジェスチャーをし、何事もなかったかのように進めていく

 

「意味不明なジェスチャーでごまかされた」

 

「ふざけるなーーー!!」

 

 

 

 

あやめ「ど・・・どういうことなの・・!?」

 

ユウマ「・・・オレもわからねえ・・・」

 

 

 

 

 

マーブル「判定!!」

 

◇いいね! 2587

◇悪いね! 2011

 

予想も「いいね!」・・・

 

 

マーブル「さよならーーー!!」

 

 

!!

 

 

また一人正解していたはずの男性の首が無残にも切り落とされた

 

 

 

「む・・ムチャクチャだ」

 

「なんなんだよ、このクソゲー・・・ひどすぎる」

 

 

あやめ「・・・!?僅差で正解してもダメってこと・・!?」

 

 

・・・

 

 

ゆうま(おかしい・・・何かがおかしいぞ・・・

今・・あのステージの上で“何か”が起こってる・・・!!)

 

 

 

考えろ・・・

 

考えろ・・・

 

考えろ・・・

 

 

困惑するユウマ

 

 

マーブル「次はーーー1315番の方っ!!」

 

 

 

!!

 

 

腕を確認するユウマ

 

 

1315

 

 

!!

 

 

「あの少年か・・」

 

「なんとか・・生き残ってほしいな・・」

 

 

 

こぶしを握る無言のあやめ

 

ユウマ「・・が「がんばれ」くらい言ったらどうなんだよっ」

 

あやめ「・・ふん!」

 

 

・・・

 

 

ユウマ「あのなぁ・・他人事じゃねぇんだぞ、いいかげん少しはオレのこと・・・」

 

あやめ「う・・うっさい! 言ったでしょ・・ あんたなんかにキョーミないって・・・!」

 

・・・

 

ユウマ「わーったお・・行ってくる」

 

 

ステージに向かうユウマ

 

 

ドクン

 

 

ドクン

 

 

ユウマ(結局・・正解のハズなのに死になる理由は、わかんねぇままだ・・

いや・・マーブルの気まぐれで理由なんかないのかも・・・

とにかく・・明らかに「いいね!」や「悪いね!」の場合は・・

今もちゃんとクリアできている・・出てくれ“後撮り”!!)

 

 

マーブル「さあ、なにがでるかな~~?」

 

 

ユウマ(200枚近くも“後撮り”したんだ・・

もともと入ってた画像枚数が多いから確率は高いとは言えないけど・・・

引き寄せてくれ・・オレの運!!)

 

 

 

ピピピピピピピピ

 

 

モニターでは写真選定が始まっている

 

 

マーブル「さあ、選らばれたのは~~~」

 

 

バン!

マーブル「これだ~~~!!」

 

 

巨大モニターに映し出された画像は!!

 

 

 

1房48円と値札が置かれた“バナナの写真”だった

 

 

 

ゴーーーーーン

 

 

・・・・・・・・

 

 

ユウマ(外れ・・・た・・・・)

 

 

愕然とするユウマ

 

 

ユウマ(し・・しかもこの上なく「普通の画像」・・・)

 

 

あやめ「ウソ・・・でしょ・・・」

 

観衆「あぁああああ~~~」

 

 

マーブル「さあ、どうする、シンキングタイムは29・・28秒!」

 

 

27

 

 

26

 

 

時間は過ぎていく

 

 

 

ユウマ(「いいね!」か・・・!?「悪いね!」か・・・!?)

 

 

25

 

 

ユウマ(いや・・・でも、今まで「普通の画像」でクリアした奴はいない・・・

予想外しても死ぬし・・合ってても・・・・死)

 

絶望の表情のユウマ・・・

 

 

バン!

 

 

あやめ「コラァ! 向井ウウマ!!あきらめムード出してんじゃないわよ!!

なんとかしなさいよっ、あたし殺す気――っ!?」

 

大声であやめがユウマにエールを送る

 

 

ユウマ(・・・・そうだ・・オレが死んだら・・あいつも巻き添えに・・・

くそっ・・まだあいつのこと何も知らねぇぞ・・ムカつく女だってことくらいしか――)

 

 

 

こんな状況なんだから少しでもお互いのこと知ろうと・・・

 

・・うざっ! あたしはあんたの個人になんのキョーミもないから!

 

 

あやめとの会話を思い出すユウマ

 

 

ドクン

 

 

ユウマ「あやめちゃん、オレもだ・・」

 

あやめ「・・・え」

 

ユウマ「オレもお前になんのキョーミもねぇっ!!」

 

 

 

!!

 

 

 

あやめ「はあっ!! おいコラ、なんでこんな時にケンカ売っての」

 

 

 

13

 

 

14

 

 

12

 

 

11

 

 

ダッ!

 

 

急に駆け出すユウマ

 

 

 

 

 

10

 

 

 

「何やってんだあいつ!?」

 

 

あやめ「わああっ、死んじゃう―――っ!!」

 

 

 

ユウマ(―――そういえばオレもそうだった・・SNSで・・他人があげた画像を見て・・

笑う事もある、イヤな気分になることも)

 

 

 

でも・・一番多いのは―――――

 

 

 

 

 

無。

 

 

 

 

 

そう・・・無関心!

 

 

画像をあげた本人が思っているほど・・他人はそれにキョーミ無い!!

 

 

 

ユウマは全力で自分のスマホに向かって走る

 

 

 

「スマホをセットする・・台!?」

 

 

 

どう評価されるかを予想し・・

 

 

ステージ上のボタンを押してもらいます

 

 

マーブルの言葉を思い出しながら走るユウマ

 

 

 

ガッダアアアアアア

 

 

ガポ

 

 

 

スマホがセットされている台が外れた

 

 

 

 

そこには『どうでもいいね!』ボタンが

 

 

 

 

ユウマ「―――そう・・プレイヤー側には隠されてたけど・・

現実世界の投票者には・・・・」

 

 

 

――――もうひとつ選択肢があったんだ―――

 

 

 

ドン!!!

 

 

勢いよく『どうでもいいね!』ボタンを押すユウマ

 

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

マーブル「判定は・・・正解~~~~!!

向井ユウマ第2ゲーム進出~~~!!」

 

 

 

 

 

「うおおおおおおおおおおおおおお!!」

 

 

 

 

 

 

・・・―――――――・・・

 

 

 

マーブル「ではこれにて・・・・全員終了!!

第1ゲーム「悪いね!ゲーム」閉幕です!!」

 

 

「お前のおかげだよ少年!!」

 

「あれ以降すっかりヌルゲーになってほとんど誰も死ななくなったしな・・・!!」

 

「知ってっか? 今、お前ネットでけっこう話題になってるぜ「あの何度も出てきた画像の男は誰だ?」って」

 

 

ユウマ「へ? そーなの・・?」

 

 

笑顔あふれる会場

 

 

 

 

 

ユウマ「それにしても・・・意外だったなぁ・・・

まさか、あやめちゃん、コケ育てる趣味があったなんて・・・」

 

 

あやめは恥ずかしそうにユウマに答える

 

あやめ「なによ悪い!!

コケはいいわよ、かわいいし・・非常食にもなるんだからっ」

 

 

あやめがステージにあがった時、コケの写真が発表されていた

 

 

ユウマ「悪いなんて言ってねぇよ、むしろ・・やっとキミにキョーミがわいてきた!」

 

 

あやめ「・・・で、あんたは・・?」

 

ユウマ「え・・・?」

 

あやめ「・・あんたの趣味はなにかって聞いてんの・・!」

 

 

 

――・・・!

 

 

ユウマ「へへ・・そっかキミもオレにキョーミわいてきたか」

 

あやめ「はあ? バカじゃん、あたしのだけ知られるのは不公平だって言ってんの!」

 

ユウマ「でもなァ「趣味は?」なんて・・なんかお見合いみたい・・・」

 

あやめ「死ね!!」

 

パァン!!

 

あやめにユウマは思い切り平手打ちされた

 

 

1st GAME CLEAR

 

『リアルアカウント』4話へ続く・・・・

 

リアルアカウント3話感想

前回、攻略法とは!?というところで話しが終わってしまいまいたが、「こういうことか!!」と思わせる展開でしたね!!

 

保存している写真は削除できないけれど、新たに写真を増やすことは可能・・・

 

そこで、判断がはっきりと分かれる「悪いね!」と思われる自撮り写真を増やす作戦に出るユウマ

 

この作戦が見事成功したわけですが、まさか、自分がステージに上がった時に限って「どうでもいい」写真が・・・汗

 

隠されたスイッチに気付きなんとか生き残る事ができてホッとしています。

 

 

ちょっと反則なゲームでしたが、見事クリアする事ができたユウマとあやめ。

 

3話はきれいに完結しましたが、まだまだゲームは終わらないようですね!!

 

 

1話でフォロワーは本当の友達ではないという投げかけ

 

2話、3話で投稿写真への「いいね!」は本心ではなく実際は「どうでもいい」を思っている人が圧倒的に多いというという投げかけ

 

現実世界でもSNSを利用する人ってたくさんいますが、4話ではどんな投げかけや訴えを作者は本誌を通して表現してくるのか!!

 

リアルアカウント4話目も楽しみですね♪

 

※過去の記事

リアルアカウント1話

リアルアカウント2話

 

リアルアカウント4話

リアルアカウント5話

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

■スポンサードリンク


★★祝!新サイトオープン★★
犬猫の「笑えて癒される」動画満載!

コメントを残す

このページの先頭へ